ホーム > 飯田建設事務所 > 事業概要 > 郷士沢川流域協議会 > 第5回郷士沢川流域協議会議事要旨

ここから本文です。

更新日:2018年1月31日

第5回郷士沢川流域協議会議事要旨

日時:平成16年7月6日(火曜日)19時00分~21時00分
場所:豊丘村役場保健センター

 

議事内容及び決定事項

  1. 第4回郷士沢川流域協議会の現地調査を踏まえ、会員からの要望、意見交換を行った。
  2. 前回要求されたB区間下流部の道西島井取水部付近の流下能力について説明を行い、その対策について協議をした。
  3. 次回開催は平成16年8月下旬頃を予定する。

 

出された意見など

  1. B区間下流部の取水のために設置してあるフトンかごによる河床堰上げ解消のため、時広井と道西島井の調整を行い、用水付替等の検討をしてほしい。
  2. 建物への影響を回避するため、護岸勾配を現計画の1割から7分5厘に変更する等の計画は立てられないのか。
  3. 脱ダム宣言以降、浅川などではダム代替対策の先延ばしが見られ、住民が納得できるものは出来ていない。郷士沢川では30年確率の治水安全度を確保し、危険度の高い箇所から着手してほしい。
  4. 一定計画である河川整備計画を立案してから事業を実施することも大切だが、河床整理や老朽化護岸の修繕等、出来ることから河川整備を実施してほしい。
  5. 地元と行政の危険箇所に対する認識を一致させる必要がある。その上で、砂防、治山事業も含めて河川改修計画を検討する必要がある。
  6. 災害発生時の人命被害が予想される、A、B区間を優先して検討した方がよいのではないか。
  7. 会議時間を有効に活用するため、事前に質問事項等を事務局に提出したらどうか。

 

お問い合わせ

飯田建設事務所 

電話番号:0265-23-1111

ファックス:0265-24-5412

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?