ホーム > 飯田建設事務所 > 事業概要 > 郷士沢川流域協議会 > 第1回郷士沢川流域協議会議事要旨

ここから本文です。

更新日:2018年1月31日

第1回郷士沢川流域協議会議事要旨

日時:平成15年12月6日10時00分~12時30分
場所:豊丘村役場保健センター

 

議事内容及び決定事項

  1. 「長野県河川流域協議会設置要綱」第6条に基づき、座長として福澤邦人さんを選出し承認した。
  2. 「長野県河川流域協議会運営要領」第10条に基づく「郷士沢川流域協議会会則」について討議を行い、会則を決定した。
  3. 「郷士沢川流域協議会会則」第5条により、福澤邦人座長が、座長代理として丸岡茂さんを指名した。
  4. 郷士沢川利水対策について事務局より説明した。
  5. 会の開催は火曜日か木曜日の夜7時から9時の2時間程度とし、次回の開催は平成16年2月上旬頃を予定する。

 

出された意見など

  1. 協議会のあり方について

    県、村からの提案に対し、住民が自由に意見を言う場であり、個々の意見は尊重し、柔軟に運営していく。
    設置期限は設けずに県が提案する治水・利水対策に対する提言を行うまでとする。
    郷士沢川流域協議会という名称はダム建設予定地であった郷士沢川からとったものであり、治水対策は芦部川を含める。

  2. 協議会に対する豊丘村の位置付けについて

    県と同じ行政としての立場である。ただし、村長は村民の代表として参加し、会則第10条の議決権を有する。

  3. アドバイザーについて

    協議会でそれぞれの分野の専門家の意見が必要だと判断されれば、適任者を手配する。

 

お問い合わせ

飯田建設事務所 

電話番号:0265-23-1111

ファックス:0265-24-5412

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?