飯田保健福祉事務所

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年3月21日

花粉飛散情報

4月末まで、毎週月曜日と木曜日(祝日の場合は翌日)に更新します。

平成29年飯田下伊那地域の花粉飛散情報(No.8)

飯田下伊那地域では、2月27日(月曜日)にスギ花粉の飛散が開始しました。(※)

3月17日(金曜日)から20日(月曜日)の連続捕集でヒノキ花粉が今シーズン初観測されました。今後も晴れて気温が高い日や空気が乾燥して風の強い日などには、花粉が多く飛散すると思われます。外出の際には、マスクやメガネを着用し、花粉を体内に「入れない」ようにしましょう。花粉症の方は、予防とともに、早めに医療機関を受診して、適切な治療を受けましょう。また、花粉症が現在はない方も、今後花粉症にならないために予防を心掛けましょう。

(※)飛散開始日の基準:1平方センチメートルあたりの花粉数が2日間連続して1個以上になった初日

表 平成29年3月14日から20日の花粉飛散状況

  花粉飛散数(個/平方センチメートル)
ス ギ ヒノキ 合 計
3月14日(火曜日) 69.4 0.0 69.4
15日(水曜日) 46.2 0.0 46.2
16日(木曜日) 30.7 0.0 30.7
17日(金曜日) 40.5 0.1 40.6
18日(土曜日) 40.5 0.1 40.6
19日(日曜日) 40.4 0.1 40.5
20日(月曜日) 40.4 0.0 40.4
累計(1月4日~3月20日) 560.6 0.3  560.9 

(備考)捕集器はダーラム型です。3月17日から20日までは連続捕集して、観測値を按分しました。

  

【参考】花粉飛散数のランク

ランク 飛散数
少ない 10個/平方センチメートル未満
やや多い 10~30個/平方センチメートル未満
多い 30~50個/平方センチメートル未満
非常に多い 50個/平方センチメートル以上

花粉症環境保健マニュアル2014年1月改訂版(環境省)より

 

kafun20170321図 スギ・ヒノキ花粉合計飛散数の推移

 

花粉症予防の3原則:花粉を「入れない」、「つけない」、「持ち込まない」

  1. 外出の際は、マスクやメガネ、帽子などで花粉を「つけない」、体内に「入れない」工夫をしましょう
  2. 外から戻った際は、花粉をよく払い落としてから室内に入り、花粉を「持ち込まない」ようにするとともに、手洗いやうがい、洗顔をして体内に「入れない」ようにしましょう
  3. 洗濯物や布団などは室内に干すか、外に干した場合は、掃除機で花粉を吸い取るなど室内に花粉を「持ち込まない」よう心掛けましょう

 

  • 花粉症の方は、予防とともに、早めに医療機関を受診して、適切な治療を受けましょう
  • 十分な栄養をとり、規則正しい生活を送ることも大切です
  • 花粉症が今ない方も、今後花粉症にならないために予防を心掛けましょう
  • 部屋の中に花粉を「持込まない」よう協力し合いましょう

 プレスリリース

飯田下伊那地域ではスギ花粉が飛散開始しました(平成29年3月1日)(PDF:116KB)

リンク

長野県公式ホームページの花粉症情報

お断り

当ホームページに掲載されている情報は、花粉症対策、公衆衛生向上、学術のために利用する場合に限り、出所を明示することにより利用できます。その他の利用目的で引用、転載、複製を行うことはご遠慮ください。  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

飯田保健福祉事務所健康づくり支援課予防衛生第二係
電話番号:0265(53)0443
ファックス:0265(53)0469
電子メール:iidaho-kenko@pref.nagano.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?