ホーム > 飯田技術専門校 > 校の紹介

飯田技術専門校

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年5月26日

飯田技術専門校沿革

校の紹介

飯田技術専門校紹介動画

 

見られない方はこちら→youtube(外部サイト)

飯田技術専門校とは

長野県飯田技術専門校は、長野県が設置運営している職業訓練施設です。
職業に必要な基礎的技術と技能及び関連知識を学ぶとともに、産業人としての心構えを習得し、広く社会で活躍できる人材を育成します。

本校で行われている訓練は次の通りです → 訓練の紹介

飯田技術専門校 沿革

飯田技術専門校今昔物語

飯田技術専門校の昔と今をまとめましたのでご覧ください。

飯田技術専門校今昔物語(PDF:3,378KB)       

沿革

昭和21年 5月16日 長野県飯田職業補導所設置 建築科(定員30名)
昭和23年 2月25日 長野県飯田公共職業補導所 に改称
12月31日 喬木公共補導所を統合 建築科(定員70名) 鈴加町へ移転
昭和24年 7月 1日 建具科(定員20名)、石工科(定員20名)を増設、
建築科減員(定員50名) 総定員90名
昭和26年 7月 7日 石工科定員5名増(定員25名) 総定員95名
12月26日 庁舎を飯田市上飯田6940に新築移転
昭和28年 4月 1日 建具科を木工科と改称
昭和33年 7月 1日 職業訓練法施行により飯田職業訓練所と改称
昭和34年 4月 1日 建築科を建築大工科と改称
昭和36年 4月 1日 伊那職業訓練所の石工科を統合 総定員95名
10月 1日 機械科(定員40名) ブロック建築科(定員30名)を増設
5職種 総定員165名
昭和37年 7月 1日 石工科を廃止しブロック建築科へ吸収 4職種 総定員140名
昭和39年10月 1日 自動車整備科(定員30名)増設 5職種 総定員170名
昭和40年 4月 1日 長野県技術学園飯田職業訓練所と改称
昭和44年10月 1日 新職業訓練法の施行により長野県専修職業訓練校と改称
建築大工科を建築科に改称
昭和48年4月 1日 ブロック建築科、木工科廃止 機械科10名減員(定員30名)
総定員110名
昭和53年 4月 1日 長野県飯田技術専門校と改称
昭和55年 4月 1日 校舎を現在地(飯田市松尾)に新築移転
昭和59年 3月23日 校舎敷地及び寄宿舎敷地を飯田市から交換取得
4月 1日 建築科10名減員(定員40名) 総定員100名
昭和61年 4月 1日 建築科10名減員(定員30名) 総定員90名
平成 3年 3月22日 体育館、塗装室他建設
平成11年 4月 1日 機械科をNC機械科(定員20名)に改称 自動車整備科を
2年制(定員20名)にして、両科ともに普通課程へ移行 総定員90名
平成13年1月30日 自動車整備科第2実習場、コンピュータ室建設
4月 1日 建築科10名減員(定員20名) 総定員80名
平成14年 4月 1日 平成14年度入校生から普通課程の授業料を徴収
平成17年 4月 1日 NC機械科廃止 建築科を木造建築科(普通課程 定員20名)と
建築科(短期課程 定員5名)に分科 総定員65名
7月 1日 DS機械科(定員5名+5名)を増設 総定員75名
平成18年 4月 1日 建築科(短期課程)を廃止 総定員70名
平成19年12月28日 DS機械科(定員5+5名)を廃止 総定員60名
平成21年4月21日 長野技能五輪へ向けてスキルアップ塾 訓練開始 (施設貸出し)
平成21年6月4日 長野技能五輪選手育成モデル事業 開始(技能五輪育成支援)
平成23年3月31日 長野技能五輪選手育成モデル事業 終了(技能五輪育成支援)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

飯田技術専門校 

電話番号:0265-22-1067

ファックス:0265-22-4015

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?