ホーム > 北信地域振興局 > 組織概要 > 環境課 > 水質汚濁事故を防止しましょう

北信地域振興局

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2018年1月4日

水質汚濁事故を防止しましょう

灯油等の流出事故が増えています。

油や農薬などが河川へ流出し、農業用水や水道水に被害が出たり、魚が大量に死んだりする「水質汚濁事故」が多発しています。
特に北信地域では、ホームタンクから小分け中に現場を離れて灯油が流出したり、ビニールハウスの配管が破損して重油が大量に漏えいしたりする事故が毎年起きています。いつもの作業にも気を抜かず、また、配管などの点検も定期的に行い、水質汚濁事故を起こさないようご注意ください。

【河川に流出した油と斃死した魚】

油事故油膜 斃死した魚

事故を未然に防ぐために

  • 灯油などの小分けの時にその場を離れない。
  • ボイラーや配管など定期点検を怠らない。
  • タンクに防油堤を設置し、中の排水口は常に閉じておく。
  • 落雪や除雪による配管の破損に注意する。

水質汚濁事故を発見したら

すぐに最寄りの消防署、市町村または地域振興局環境課(北信地域振興局環境課直通0269-23-0202、休日・夜間は合庁代表0269-22-3111)に連絡してください。

お問い合わせ

北信地域振興局環境課

電話番号:0269-23-0202

ファックス:0269-23-0275

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?