ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 精神保健 > 公認心理師法について

ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

公認心理師法について

 公認心理師法は、平成27年9月9日に成立し、9月16日に公布され、平成29年9月15日に全面施行されました。


 第1回公認心理師試験は、全国9試験地のうち、北海道を除く宮城県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、福岡県の8試験地では、平成30年9月9日(日曜日)に試験が実施されました。

  なお、北海道の2試験会場(天使大学、北海道文教大学恵庭キャンパス)は、平成30年北海道胆振東部地震の被災により試験の実施が困難な状況であるため、北海道での試験を中止し、北海道で受験予定であった者等については追加の試験が実施されることになりました。

 追加の試験の対象者等、詳細は、厚生労働省ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

 

公認心理師とは

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。

(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

 

お問い合わせ

健康福祉部保健・疾病対策課

電話番号:026-235-7141

ファックス:026-235-7170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?