ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 難病・肝炎対策 > 難病等に関する医療費の給付について > 国が指定する難病医療費助成制度について

ここから本文です。

更新日:2016年5月26日

 国が指定する難病医療費助成制度について

◆「難病等に関する医療費の給付について」に戻る
1.医療費助成制度について
2.対象疾病(指定難病)について
3.申請手続について(新規申請の方)
4.認定後の変更手続について
5.医療費の払戻し手続きについて 
6.指定医療機関について
7.難病指定医について
8.医療従事者の皆様へ

   1 医療費助成制度について

平成26年5月23日に「難病の患者に対する医療等に関する法律」が成立し、平成27年1月1日から新たな難病医療費助成制度が始まりました。

これまで「特定疾患治療研究事業」として医療費助成の対象になっていた疾病に加え(一部疾病を除く)新たに追加となったものとあわせて110疾病が、この制度の対象となりました。さらに、平成27年7月1日から新たに196疾病が追加され、306疾病が対象となりました。

難病の患者に対する医療等に関する法律(平成26年法律第50号)(PDF:234KB) 
政令(PDF:151KB)    省令(PDF:365KB) 
制度の概要などについてはこちらのページをご覧ください。政府広報オンライン(外部サイト)

                                                           ▲このページのトップへ 

 2 対象疾病(指定難病)について

 医療費の助成対象となる疾病(指定難病)は次のとおりです。
助成対象となる疾病【第1次実施分110疾病  1~110】(PDF:463KB)
助成対象となる疾病【第2次実施分196疾病  111~306】(PDF:444KB)
指定難病あいうえお順【306疾病 1~306】(PDF:315KB)
指定難病の疾病番号【306疾病   1~306】(PDF:363KB)                                                                                                              ▲このページのトップへ

 3 申請手続きについて(新規申請者の方)

次の書類を住所を所轄する保健所に提出してください。
認定された場合、保健所が申請書類を受理した日から医療費の助成を開始します。

制度の概要及び申請手続き(必要書類)について

特定医療費(指定難病)支給認定申請のご案内(平成28年1月1日更新)(PDF:1,048KB)

様式のダウンロード

様式名

備 考

特定医療費(指定難病)支給認定申請書(PDF:322KB)   記入例(PDF:354KB)
臨床調査個人票(新規)・診断基準【第1次実施110疾病】厚労省(外部サイト)
臨床調査個人票(新規)・診断基準【第2次実施196疾病】厚労省(外部サイト)

難病指定医に記載を依頼してください。

長野県内の難病指定医一覧はこちら

医療保険の所得区分の確認に係る同意書(ワード:32KB)   
医療費申告書(領収書添付)(PDF:177KB)

軽症高額該当を理由に申請をする場合
軽症高額該当とは(PDF:87KB)

軽症高額申請のご案内(PDF:117KB)

                                                           ▲このページのトップへ 

 4 認定後の変更手続きについて

「特定医療費受給者証」の記載内容等に変更が生じた場合は、住所を管轄する保健所に下記の書類を提出してください。

 変更申請書の提出 

特定医療費(指定難病)支給認定申請書(変更)に医療受給者証及び次の書類を添付して提出してください。

※自己負担上限額の変更は変更申請書を提出した日の属する月の翌月初日から適用となります。

番号

変 更 内 容

必 要 書 類

備   考

1

特定医療費(指定難病)支給認定申請書(変更)  

 様式(PDF:322KB)

2 指定医療機関の変更(追加・削除) なし  
3 指定難病の名称変更(疾病の追加) 臨床調査個人票(新規用)(外部サイト) 難病指定医に記載してもらいます。
4

自 

人工呼吸器または体外式補助人工心臓を装着することになったとき 臨床調査個人票(新規用)(外部サイト)

該当部分を難病指定医に記載してもらいます。

人工呼吸器等装着者の認定基準(PDF:183KB)

5 重症患者の認定基準に該当することになったとき(経過措置者のみ) 重症患者認定用診断書(PDF:259KB)

診断書は難病指定医の記載でなくても構いません。

重症患者認定基準表(PDF:124KB)

6

高額難病治療継続者(高額かつ長期)の認定を希望するとき
(原則適用者のみ)

高額難病治療継続者(高額かつ長期)とは(PDF:79KB)

高額かつ長期申請の御案内(PDF:144KB)


医療費申告書(領収書添付)(PDF:177KB)

≪申請ができる方≫

平成27年1月以降に新規申請された方で、支給認定を受けた日以後の指定難病に係る総医療費の額が5万円を超える月が申請をする日以前12か月以内に6月以上ある方。

※住民税非課税世帯の方は手続きは不要です。

7

新たに小児慢性特定疾病児童に該当することになるとき(申請中を含む)

世帯按分について(PDF:60KB)

①医療受給者証の写し または
②申請書の写し
小児慢性特定疾病医療費の申請に合わせ、変更申請書を提出してください。
8

新たに受診者と医療保険上の同一世帯内に「指定難病」または「小児慢性特定疾病」の医療費助成となる方がいるとき(申請中を含む

世帯按分について(PDF:60KB)

①医療受給者証の写し  または
②申請書の写し
ご家族の特定医療費(指定難病)または小児慢性特定疾病医療費の申請に合わせ、変更申請書を提出してください。
9 生活保護を受給することになったとき 生活保護受給証明書 市・郡福祉事務所で発行

10

加入医療保険の変更

国民健康保険、国保組合、後期高齢者医療制度に変更になる場合 

①被保険者証の写し
②市町村民税額が確認できる書類
①、②とも患者さん+患者さんと同じ医療保険に加入している方全員分
医療保険の所得区分の確認に係る同意書 

加入医療保険の記号番号、適用区分(高額療養費の適用区分)のみが変更になる場合は「変更届」を提出してください。
11  

 加入医療保険の変更

被用者保険(健康保険組合、協会けんぽ等)に変更になる場合

①被保険者証の写し(患者さん分)
被保険者分は患者さんの被保険者証で確認ができるため省略可
②被保険者の市町村民税額が確認できる書類(ただし、被保険者が非課税の場合は患者さん分も必要)
医療保険の所得区分の確認に係る同意書

 加入医療保険の記号番号、適用区分(高額療養費の適用区分)のみが変更になる場合は「変更届」を提出してください。

                                                            ▲このページのトップへ

 変更届の提出  

 特定医療費(指定難病)受給者証等記載事項変更届に医療受給者証及び次の書類を添付して提出してください。

番号  変 更 内 容 必 要 書 類
1 特定医療費(指定難病)受給者証等記載事項変更届 変更届様式(PDF:145KB)
2 患者について 氏 名 ≪変更内容が確認できる公的機関が発行した書類の写し≫

住民票の写し、運転免許証、公的医療保険の被保険者証の写し など
住 所(県内の転居)
電話番号 なし
3 受給者について 氏 名 ≪変更内容が確認できる公的機関が発行した書類の写し≫

住民票の写し、運転免許証、公的医療保険の被保険者証の写し など
住 所(県内の転居)
電話番号 なし
4 被保険者証について
※加入医療保険の変更は変更申請書の提出をお願いします。
加入医療保険の記号・番号のみに変更がある場合 受診者の被保険者証の写し
医療保険の適用区分(高額療養費の適用区分)が変更となる場合 ・高齢受給者証の写し
・限度額適用認定証または限度額適用・標準負担額減額認定証の写し

                                                             ▲このページのトップへ

受給者証の再交付 

 受給者証を破損したり、汚したり、紛失した場合は「特定医療費受給者証再交付申請書」を提出してください。

医療受給者証再交付申請書(PDF:115KB) 医療受給者証再交付申請書(ワード:16KB) 

 

受給者証の返還  

病気の治癒、死亡または県外へ転出した(することが見込まれる)ときは「特定医療費医療受給者証返還届」に受給者証を添付して提出してください。 

医療受給者証返還届(PDF:113KB) 医療受給者証返還届(ワード:18KB)

自己負担上限額管理票

 指定医療機関を受診する都度、受給者証とともに必ず自己負担額上限額管理票を窓口に提出していただく必要があります。
 交付した自己負担上限額管理票の記載欄が不足する場合には、こちらを印刷してご活用ください。

特定医療費(指定難病)自己負担額上限額管理票(予備様式)(PDF:52KB)(A4サイズ)

 

長野県外へ転出される方へ

転入先の都道府県で引き続き医療費の助成を受けることを希望される方は、転入先の都道府県に支給認定申請書を提出していただく必要があります。長野県が発行した医療受給者証は転入先都道府県への手続きが済みましたら、すみやかに医療受給者証返還届に医療受給者証を添えて保健所に送付してください。

                                                            ▲このページのトップへ

 5 医療費の払戻し手続きについて

受給者証の有効期間内で指定医療機関によって行われた医療のうち、受給者の方に過払いが生じている場合には、

以下の書類を住所地を管轄する保健所へ提出することで医療費の払戻しが受けられます。

1 特定医療費給付請求書(様式第11号)(PDF:320KB)

2 特定医療費自己負担上限額管理票のコピー(新規に認定になった場合を除く)
                                                            ▲このページのトップへ

                                          
 6 指定医療機関制度

新たな制度では、都道府県知事の指定を受けた医療機関等(病院・診療所・薬局・訪問看護事業所)での医療に限り医療費助成が受けられます。

医療機関を受診する際は、各医療機関の窓口で都道府県の指定を受けているかご確認ください。         

                  

 県内の指定医療機関一覧

長野県内の指定医療機関は以下のとおりです。 (平成28年5月26日更新)
指定医の一覧はこちら

 県外の指定医療機関について

長野県外の医療機関の指定状況については、以下のリンクから各都道府県のホームページにてご確認ください。

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県
栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県
石川県 福井県 山梨県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県
京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県
広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県
長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県    

 

 

 

 

 

                                                            ▲このページのトップへ

 

 7 難病指定医・協力難病指定医制度

新たな制度では、都道府県知事の指定を受けた医師に限り支給認定申請書に添付する「臨床調査個人票(診断書)」を作成できます。

医師に難病医療費助成のための診断書の作成を依頼する際には、医師が都道府県の指定を受けているかご確認ください。 

 

県内の難病指定医・協力難病指定医一覧

長野県内の難病指定医・協力難病指定医を医療圏別に掲載しています。(平成28年5月26日更新)
(同一医療機関に複数の医師が勤務している場合は、医師氏名の五十音順に掲載)
指定医療機関の一覧はこちら
     

    ・佐久 (PDF:425KB) (エクセル:32KB)

    ・上小 (PDF:298KB) (エクセル:26KB)    

    ・諏訪 (PDF:309KB) (エクセル:27KB)

    ・上伊那 (PDF:224KB) (エクセル:23KB)

    ・飯伊 (PDF:286KB) (エクセル:26KB)

    ・木曽 (PDF:75KB) (エクセル:16KB)

    ・松本 (PDF:770KB) (エクセル:54KB)

    ・大北 (PDF:167KB) (エクセル:19KB)

    ・長野 (PDF:622KB) (エクセル:47KB)

    ・北信 (PDF:161KB) (エクセル:19KB)

    ・全体 (PDF:2,078KB) (エクセル:148KB)

▲このページのトップへ

 

 8 医療従事者の皆様へ

難病患者の方に対する新たな医療費助成制度では、以下の2つの制度が設けられました。

  • 指定医療機関制度 
    受給者証をお持ちの患者の方は、都道府県知事の指定を受けた医療機関での医療に限り医療費の助成を受けることができます。
  • 指定医制度
    都道府県知事の指定を受けた医師のみが、受給者証の交付申請に必要な 臨床調査個人票(診断書)を作成することができます。

 

 指定医療機関の指定について

長野県内の病院、診療所、薬局、訪問看護事業所が指定医療機関の対象となります。開設者からの申請により長野県知事が指定をします。指定を希望する医療機関等におかれましては、以下から、申請手続きを行ってください。

指定医療機関の申請・変更・辞退等の届出について

 

指定医の指定について 

指定医には、新規及び更新申請に必要な診断書の両方を作成できる「難病指定医」と、更新申請に必要な診断書のみを作成できる「協力難病指定医」の2種類があります。指定を受けるためには、主として勤務する医療機関が長野県内にある方は、長野県知事あて申請手続きが必要になります。以下から、指定医の要件等をご確認の上、難病指定医または協力難病指定医の申請を行ってください。

 指定医の申請・変更・辞退の届出について

 

通知文書、ご質問など

難病の医療費助成制度の改正について(指定医療機関様あて送付資料)(PDF:352KB)

別添1(PDF:463KB) 別添2(PDF:356KB) 別添3(PDF:188KB)

自己負担上限額管理票の記載方法について(厚生労働省健康局疾病対策課)(PDF:1,048KB)

指定医療機関様から寄せられているご質問と回答について(平成28年1月27日改訂)(PDF:147KB)

平成27年7月1日からの対象疾病拡大について(厚労省リーフレット)(PDF:1,056KB)

難病の患者に対する医療費助成制度に係るお知らせ(平成27年6月10日付け)(PDF:263KB)

生活保護受給者に係る介護報酬請求時の取扱いについて(平成28年1月22日付け厚生労働省健康局難病対策課)(PDF:55KB)    
     

 

 

                                      ▲このページのトップへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部保健・疾病対策課

電話番号:026-235-7150

ファックス:026-235-7170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?