ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 感染症対策 > 季節性インフルエンザ(学校欠席者情報等)

ここから本文です。

更新日:2016年5月25日

インフルエンザ情報

 

インフルエンザ対策について

このページは、季節性インフルエンザ対策について掲載しています。

今冬のインフルエンザ総合対策<厚生労働省>

  平成27年度今冬のインフルエンザ総合対策(PDF:155KB)

インフルエンザQ&A<厚生労働省>

 平成27年度インフルエンザQ&A(PDF:254KB)

インフルエンザ施設内感染予防の手引き(改訂版)<厚生労働省>

 インフルエンザ施設内感染予防の手引き(PDF:257KB)

 医療機関における院内感染対策マニュアル作成のための手引き(外部サイト)

 インフルエンザ予防啓発ポスター

 全国版   厚生労働省版(H27)(PDF:399KB)

   厚生労働省版 (H26) (PDF:160KB)

   全国キャラクター総出演版 (H25) (PDF:1,997KB)

 長野県版 厚生労働省インフルエンザ啓発キャラクター「アズキちゃん」と 長野県観光PRキャラクター「アルクマ」のコラボ・ポスターです。

  アズキちゃんとアルクマ1(PDF:251KB)

  アズキちゃんとアルクマ(PDF:256KB)

 

学校等のインフルエンザ様疾患による休業状況

 平成27年8月31日~9月6日までの週に係る報告分を第1報として、2015-2016シーズンを集計しています。

 

 学校等のインフルエンザ様疾患による休業対応をした施設数と患者発生状況です。

2015-2016シーズン第38報(5月16日~5月22日)の学校等の休業の状況について

  休園・休校 学年閉鎖 学級閉鎖 在籍者数 患者数 欠席者数
保育施設

0

0

0

0

0

0

幼稚園

0

0

0

0

0

0

小学校

0

0

0

0

0

0

中学校

0

0

0

0

0

0

高校

0

0

0

0

0

0

その他

0

0

0

0

0

0

合計

0

0

0

0

0

0

 休校、学年閉鎖、学級閉鎖等は、当該週に発生した施設数を計上しています。
 (同一施設で同一週に休校、学年閉鎖、学級閉鎖が重複した場合は、休校、学年閉鎖、学級閉鎖の優先順位によりいずれかの該当する欄に計上しています。)

 数値は速報値に基づいており、今後変更することもあります。

2015-2016シーズンの週別発生状況詳細(27年8月31日~)(エクセル:965KB)

2015-2016シーズンのインフルエンザ様集団発生の状況及びウイルス検出の状況(エクセル:41KB)

 インフルエンザ様疾患集団発生の状況(平成27年8月31日以降)
 img38

 

2015-2016シーズンのインフルエンザ様疾患による学級閉鎖等の状況です。

 集団発生の状況(直近5報分)

報(期間)

施設数

休校等

学年閉鎖

学級閉鎖

在籍者数

患者数

第34週(4月18日~4月24日)

 31

 6

 25

 938

 251

第35報(4月25日~5月1日)

10

0

3

7

419

9

第36報(5月2日~5月8日)

0

0

0

0

0

0

第37報(5月9日~5月15日)

0

0

0

0

0

0

第38報(5月16日~5月22日)

0

0

0

0

0

0

合 計 (件)

1,014

31

256

727

43,701

10,884

施設数、休校、学年閉鎖、学級閉鎖等は、延べ数です。

数値は速報値に基づいており、今後変更することがあります。

 

インフルエンザ様疾患ウイルス検出状況(平成27年8月31日以降)

2015 - 2016シーズンのインフルエンザ様疾患による学級閉鎖等に係るウイルス検出状況です。

 ウイルスの検出状況(直近5週分)

報(期間)

検体数

AH1pdm09
(H21に流行した
新型インフルエンサ゛と同じもの)

AH3亜型
(A香港型)

B型

不検出

第33報(4月11日~4月17日)

-

-

-

-

-

第34報(4月17日~4月24日)

 -

 -

 -

 -

第35報(4月25日~5月1日)

 -

 -

 -

 -

 -

第36報(5月2日~5月8日)

-

-

-

-

-

第37報(5月9日~5月15日)

-

-

-

-

-

第38報(5月16日~5月22日)

-

-

-

-

-

合 計

27

18

5

2

2

※数値は速報値に基づいており、今後変更することがあります。



インフルエンザの流行する季節には

 インフルエンザにかからないために、日ごろから手洗いやうがいを行うなど、感染予防を心がけるとともに、「かかったかな」と思ったら早めに医療機関で受診しましょう。
 また、日ごろから「咳エチケット」に心がけてください。

 

「咳エチケット」って?

 インフルエンザを他の人にうつさないために、心がけていただきたいエチケットです。

 ・咳・くしゃみをする時はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から離れましょう

 ・咳をしているときにはマスクを着用しましょう。咳をしている人にはマスクの着用を勧めましょう

 ・鼻汁・痰などを含んだティッシュは、すぐにフタ付きの専用のごみ箱に捨てましょう


関連サイト

≪インフルエンザ≫

≪新型インフルエンザ≫

≪鳥インフルエンザ≫

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?