ホーム > 県政情報・統計 > 県概要 > 知事の部屋 > 県議会における知事議案説明要旨 > 平成25年6月県議会定例会における知事追加議案説明要旨

ここから本文です。

更新日:2013年9月21日

平成25年6月県議会定例会における知事追加議案説明要旨(平成25年6月25日) 

平成25年度6月補正予算(案)の概要

平成25年度6月補正予算(案)(追加分)の概要


ただいま提出いたしました追加議案について、御説明を申し上げます。

提出いたしました議案は、平成25年度一般会計補正予算案など10件です。

地方公務員給与の引下げを前提とした地方交付税等の削減を受けて、一般職職員の給与につきまして、本年7月から来年3月までの間、給料については職位に応じて3.8パーセントから8.4パーセントの減額を行うとともに、管理職手当に当たる給料の特別調整額を10パーセント減額することといたしました。県財政への影響にも配慮しつつ、本県が国に先んじて行政・財政改革に取り組んできたことも踏まえ、単に国家公務員に準拠するのではなく、給料についてはラスパイレス指数が100となるよう減額するものの、期末・勤勉手当の減額及び給料減額分の諸手当への反映は行わないことといたしました。

特別職職員の報酬等につきましては、特別職報酬等審議会の答申を受けて、本年7月から、県議会議員の報酬並びに知事及び副知事の給料を0.3パーセント引き下げるとともに、退職手当の支給割合について、知事については100分の65から100分の55に、副知事については100分の45から100分の40に引下げを行います。併せて、その他の常勤特別職等の給料及び退職手当についても引下げを行います。
これに加えて、一般職職員の給与の減額支給措置を踏まえ、それと同じ期間、特別職職員等の給料を、知事については15パーセント、副知事については12パーセント減額するほか、その他の常勤特別職等についても減額を行うことといたしました。

一般会計の補正予算案は、44億3,385万3千円の減額でありまして、ただいま申し上げました給与等の減額のほか、知事特別秘書の給与費を計上するものであります。歳入につきましては、繰入金を減額いたしました。
本年度の一般会計予算は、今回の補正を加えますと、8,387億881万3千円となります。
特別会計の補正予算案は、流域下水道事業費及び県営林経営費、企業特別会計の補正予算案は、電気事業及び水道事業に係るものであります。

条例案は、「一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例案」など、給与等の減額にかかる一部改正条例案4件であります。

このほか、事件案は、公安委員会委員の選任についてであります。

以上、追加提出いたしました議案につきまして、その概要を申し上げました。何とぞよろしく御審議の程お願い申し上げます。

 

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

総務部秘書課

電話番号:026-232-2002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?