ホーム > 波田学院 > 沿革

波田学院

しあわせ信州

ここから本文です。

更新日:2017年4月26日

沿革

明治42年4月 埴科郡松代町(現長野市)に「県立海津学舎」創設

大正9年12月 現在地(松本市波田)に移転

 10年4月 「波田学院」と改称

昭和8年5月 少年教護法制定

 22年10月 児童福祉法制定

 56年4月 派遣教員制導入

 59年3月 体育館新築

 61年3月 管理教育棟、食堂棟、グランド改築整備

 62年3月 男子寮3寮、女子寮1寮改築

平成3年11月 プール改築

 10年4月 児童福祉法改正により教護院から児童自立支援施設となる

 12年4月 波田町立波田小学校松原分室・波田中学校松原分校開校

 16年4月 寮舎制が小舎夫婦制から小舎交替制に完全移行する

 21年10月 創立100周年記念式典開催

 22年3月 波田町と松本市が合併、松本市立波田小学校松原分室・波田中学校松原分校と改名