ホーム > 県政情報・統計 > 広報・県民参加 > 発表資料(プレスリリース) > 平成29年(2017年)9月プレスリリース資料 > もったいない!!まだ、食べられるのに!「信州発もったいないキャンペーン」が始まります!

ここから本文です。

更新日:2017年9月26日

もったいない!!まだ、食べられるのに!「信州発もったいないキャンペーン」が始まります!

長野県( 環境部)プレス リリース平成 29 年( 2017 2017 年) 9月 26 日

日本の「食品ロス」は年間621万トンで、1人に換算すると、年間では約50kgの食べ物を捨てている計算になります。“もったいない”と思いませんか?
県では、2年連続となった「ごみ減量日本一」を継続し、一般廃棄物1人1日当たり排出量800g以下を達成するため、主旨に御賛同いただいた小売事業者と連携してキャンペーンを行います。
このキックオフイベントとして、中島副知事が店頭で「食品ロス削減」を呼び掛けます。

1目的

「ごみ減量日本一」を継続し、一般廃棄物1人1日当たり排出量800g以下を達成するため、生活に身近な小売事業者と連携し、「消費期限、賞味期限間近な割引商品を購入することは環境にやさしい行動である」ことを県民に呼び掛け、食品ロス削減の行動を広げます。 

2主催

  長野県 

3共催

 信州豊かな環境づくり県民会議

4 協力事業者

15事業者117店舗

イオンリテール株式会社、株式会社いちやまマート、株式会社カインズ、 株式会社キラヤ、信州大学生活協同組合、株式会社ステーションビルMIDORI JC長野中央店、生活協同組合コープながの、株式会社第一スーパー、株式会社長野県A・コープ、株式会社ながの東急百貨店、ながの東急ライフ、株式会社ニシザワ、株式会社原信、マックスバリュ長野株式会社、ユニー株式会社(50音順) 

5キャッチコピー

「信州発もったいないキャンペーン」 もったいない!!まだ、食べられるのに! 

6 実施時期

平成29年10月から(実施時期は、事業者により異なります) 

7実施場所

  協力事業者各店舗  

8実施内容

(1) 協力事業者による店内啓発

各店舗の入口や売り場等に県下統一デザインのポスター(別添1)及びポップを掲示して啓発します。
また、一部事業者の店舗では、チラシ(別添2)の配付や店内放送等を通じての呼び掛けを行います。 

(2) 県の啓発

店頭啓発(県の啓発を希望する事業者の店舗で実施)

中島副知事がアルクマと一緒に呼び掛けます。

〇日時:10月3日(火曜日) 午前10時から午前10時30分
  場所:ザ・ビッグ 長野三輪店(長野市三輪9-43-24イオンタウン長野三輪内)

 

アルクマと一緒に職員が呼び掛けます

〇日時:10月12日(木曜日)午前11時から正午
  場所:いちやまマート 諏訪店(諏訪市中洲3588-1)

 〇日時:10月17日(火曜日)午前11時から正午
  場所:A・コープファーマーズ南長野店(長野市篠ノ井杵淵字大門西472-2)

   ラジオCM

SBCラジオを活用したスポットCMを行います。

情報の発信

 県内のごみ減量情報発信サイト「信州ごみげんねっと」で、啓発の様子等を発信します。

 【URL】https://www.shinshu-gomigen.net 

9 その他

 10月は3R推進月間であることから、環境にやさしい買い物行動の啓発も併せて実施します。

  • お買い物にはマイバッグ等を持参しましょう
  • 地域で生産された商品を買いましょう
  • 環境ラベル(マーク)の付いた商品を選びましょう

 

 


 

 しあわせ信州創造プラン(長野県総合5か年計画)推進中

担当部署 環境部 資源循環推進課 資源化推進係
担当者  (課長)丸山 良雄 (担当)増尾 久美
電話 026-235-7181(直通)

026-232-0111(代表) 内線2798

ファックス 026-235-7259
メール

 junkan@pref.nagano.lg.jp

  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?