ホーム > 社会基盤 > 建設・建築・開発 > 技術管理 > 新技術・新工法の活用について

ここから本文です。

更新日:2016年7月27日

新技術・新工法の活用について

長野県の新技術・新工法の活用について

登録状況(クリックしてください。)

県工事で施工結果を評価した新技術・新工法

 

公共工事の実施に当たっては、施工性や経済性等を踏まえ、設計段階から新技術・新工法の採用を検討、施工しているところですが、公共工事の品質の確保や良質な社会資本の整備のためには、更なる活用が必要と考えられます。

建設部における新技術・新工法の活用フローと試行要領

(下記をクリックしてください)

◆活用フロー(PDF:349KB)

◆活用試行要領(PDF:19KB)

◆応募様式(様式1・2、PDF:17KB)

 

新技術・新工法を各現地機関で募集することがあります。定期的に各現地機関のホームページをご覧ください。

 

これまでに公募した新技術・新工法(信州発・先進技術活用支援事業)

(下記をクリックしてください)

平成17年度試行状況(PDF:16KB)

 

平成18年度試行状況(PDF:12KB)

 

平成19年度試行状況(PDF:12KB)

 

 ▲このページのトップへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設部建設政策課技術管理室

電話番号:026-235-7294

ファックス:026-235-7482

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?