ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 畜産 > 信州黄金シャモ > 「信州黄金シャモ」美味さの秘密

ここから本文です。

更新日:2013年9月3日

「信州黄金シャモ」美味さの秘密

畜産の情報に戻る





父鶏にシャモ、母鶏に名古屋種
そうして生まれたのが信州黄金シャモ。
信州でゆったり育った信州黄金シャモは
「歯ごたえ・美味み・風味」の3拍子が揃った
おいしい新食材なのです。

 長野県では、新しい 信州ブランド食材として地鶏の開発に取り組み、ついに新品種の地鶏が生まれました。その地鶏とは!父鶏に歯ごたえがあり、最もおいしいという「シャモ」を、母鶏に歯ごたえとコクに定評のある「名古屋種」を用いたもの。黄金に輝く色から、料理研究家の服部幸應さんが「信州黄金シャモ」と命名しました。

 広い鶏舎でブロイラーの3倍もの時間をかけてのびのび、ゆったりと育てられます。多くの人においしく食してもらえるよう、生産基盤の拡大化、独自の飼育方法や飼育技術の確立を進めています。従来の地鶏より小さいですが、身体は丈夫で性格も穏和なので飼育しやすい鶏です。


 地鶏ならではの歯ごたえがある食感、ジュワッと肉汁があふれる深い美味み、そして噛むほどに増す豊かな風味と3拍子揃った鶏肉です。脂肪分控えめでヘルシーなため、後味もさっぱり。うまみ系アミノ酸のアスパラギン酸、グルタミン酸、甘味系アミノ酸のセリンの含有率が高いことも、信州黄金シャモの美味さの秘密です。

  焼き鳥や照り焼きは、その黄金色の美しさとともに、あふれる肉汁や歯ごたえが楽しめます。また鍋料理や鶏南ばんでは、深い美味みと豊かな風味が溶け出し、野菜などもおいしくいただけます。
県内外のトップ料理人による新しい料理や加工品の開発も進めています。

長野県「信州黄金シャモ」ポスター
「信州黄金シャモ」生産者のご紹介とお問合せ先
「信州黄金シャモ」を提供しているお店を紹介します。
長野県畜産試験場

 PDF形式ファイルのご利用にはAcrobat Readerなど、閲覧用ソフトウェア(Adobe社が無償提供)が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。

アクロバットリーダーはこちらへ

信州黄金シャモ生産振興要領(長野県農政部園芸畜産課)「PDF形式」
信州黄金シャモ飼育管理マニュアル「PDF形式」

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政部園芸畜産課

電話番号:026-235-7227

ファックス:026-235-7481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?