ホーム > 仕事・産業・観光 > 農業 > 畜産 > 口蹄疫の情報

ここから本文です。

更新日:2016年5月30日

口蹄疫の情報

長野県新着情報

現在、新着情報はありません。

口蹄疫関連情報

県民の皆様へ 

・ 口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することは
ありません。

・ 感染牛は処分されるため、感染牛の肉や牛乳が市場に出回ることはあり
ませんが、仮に感染牛の肉や牛乳を摂取しても人体には影響ありません。

・ 長野県では、現在まで口蹄疫の発生は確認されていませんが、万が一
備えて関係者と連携のもと迅速に対応できる体制の準備をしています。

畜産関係の皆様へ ↑ページトップへ

宮崎県内での発生は終息しましたが、海外では発生が続いています。

牛・豚・山羊・羊等の偶蹄類を飼っている皆さんは、農場への侵入防止対策を強化しましょう!

畜産関係者の皆さんは、農場訪問の際、侵入防止対策に御協力下さい!

宮崎県の現在の状況 ↑ページトップへ

 平成22年4月20日に1例目を確認し、7月4日までに292例が確認されました。

 殺処分は7月5日までに全て終了し、211,608頭が殺処分されました。

 (牛37,454頭、豚174,132頭、山羊14頭、羊8頭)

 この他に、ワクチンを接種し処分の対象となった家畜は76,756頭でした。

 7月27日に今回の発生による移動制限は全て解除されました。

 平成22年8月27日、発生農場に残っていた排せつ物等の消毒作業が終了し、宮崎県は終息宣言を出しました。

 詳細はこちら

県の対応について ↑ページトップへ

 ○宮崎県での発生を受けて、長野県では県内の牛豚等の偶蹄類飼養農場
に対する確認を実施しました。
 県内の牛豚等を飼養する全ての農場に対して、口蹄疫を疑う異常の有無について
 聞き取り調査又は立入調査を実施(4月20日~4月23日)
 →1,335戸全戸について異常のないことを確認
 今後も引き続き農場・関係者との連絡を密にして防疫対策を実施していきます。
 (掲載日平成22年4月27日)

 ○情報の共有と長野県での今後の対応を協議するため、関係者による連絡
 会議を開催しました。

開催日 会議名 内容
H22.5.24

長野県口蹄疫対策連絡会議

宮崎県における口蹄疫発生・拡大を踏まえた情報の共有と今後の対応について
配布資料(PDF644KB:9ヘ゜ーシ゛)

H22.6.25

第2回

長野県口蹄疫対策連絡会議

(1)口蹄疫の発生状況について
(2)口蹄疫対策特別措置法について
(3)口蹄疫発生時の初動体制について
配付資料(PDF1.2MB:18ヘ゜ーシ゛)

 ○県内で口蹄疫が発生した場合等の初動体制を確認するため、平成22年8月11日、口蹄疫防疫演習を実施しました。

 演習の内容(PDF16KB:1ページ)

 県庁内連絡会議の様子

庁内連絡会議庁内連絡会議

 下伊那地域で行われた実地演習の様子はこちら

宮崎県での教訓を活かすため、口蹄疫研修会を開催します(終了しました)

 1 開催日時 平成22年9月22日(水曜日) 午後1時30分から4時30分まで
 2 開催場所 レザンホール 中ホール
 (塩尻市大門7番町4番8号 TEL 0263-53-5503)
 3 内 容
 第1部(午後1時40から2時40分まで)
 演題:「防疫活動の実際について」
   講師:農林水産省生産局畜産部畜産振興課 主席畜産専門官 小倉弘明 氏
 第2部(午後2時50から4時20分まで)
 演題:「宮崎県での教訓について」
 講師:宮崎大学農学部獣医学科獣医衛生学研究室 准教授 末吉益雄 氏
 4 参集範囲
 偶蹄類動物飼養者、関係団体、一般参加者(入場無料)
 5 主 催 
 長野県、(社)長野県獣医師会

最新の発生情報はこちら ↑ページトップへ

宮崎県ホームページ(外部サイト)

農林水産省ホームページ(外部サイト)

 平成23年2月5日、日本は口蹄疫の清浄国に復帰しました

 農林水産省プレスリリース 我が国の口蹄疫清浄ステータスの回復について(外部サイト)

口蹄疫について ↑ページトップへ

 口蹄疫とは
 ・ 牛、豚、めん羊、山羊などの偶蹄類に感染する

 ・ 非常に伝染性の強い、急性かつ悪性の伝染病
 ・ 症状は、口の中や蹄(ひづめ)の付け根、乳頭などに水疱(みずぶくれ)ができ、発熱・

 元気消失・多量のよだれを流す・食欲不振・泌乳量低下・足を引きずるなど

多量のよだれ(牛) 口の中の水疱(牛) 蹄の間の水疱
多量のよだれ 口の中の水疱 蹄の間の水疱

 ・発生した場合、

 発生農場の偶蹄類は殺処分

 周辺農場(原則半径10km以内)の偶蹄類の移動が最低3週間禁止

 周辺農場は生乳の移動も禁止される場合あり

 口蹄疫を予防する6つのポイント~ 現場でできる口蹄疫防疫対策 ~

1 畜舎の出入時には必ず消毒
畜舎出入口に消毒槽を設け、出入りの際には履き物を消毒しましょう。
2 外部の人は畜舎に入れない
関係者以外は極力畜舎に入れないようにしましょう。
3 海外旅行者、海外のみやげ物・郵便物は要注意
口蹄疫発生国からの旅行者、みやげ物、郵便物などでウイルスが持ちこまれることがあります。
4 食品残渣は加熱して給与
調理残渣などで口蹄疫が拡大した事例があります。
5 飼料は出所を確認して
6 家畜に異常があったらすぐに連絡
おかしいな?と思ったら、すぐに獣医師、家畜保健衛生所に連絡しましょう。

問い合わせ先 電話番号
県園芸畜産課 026-235-7232
佐久家畜保健衛生所 本所 0267-62-4123
 〃  上田支所 0268-23-1630
伊那家畜保健衛生所 0265-72-2782
飯田家畜保健衛生所 0265-53-0440
松本家畜保健衛生所 0263-47-3223
長野家畜保健衛生所 026-226-0923

口蹄疫は世界各地でも発生しています。(海外での発生状況(外部サイト) 

 我が国では口蹄疫発生国から偶蹄類動物及びこれら動物由来の畜産物の輸入を禁止する等、水際で侵入を防止する対策を講じていますが、生産現場でも対策を心がけましょう。

海外へ渡航する際は、畜産農家や生きた家畜を扱う市場に立ち入らないようにして、帰国の際に空海港で靴底の消毒を行って下さい。

アジアの主な発生状況(平成23年3月24日時点)

 ○中国 全域

 2009年:17例 2010年:21例 2011年:1例 最近の発生は2月19日

 ○モンゴル 中部から東部

 2010年:9例 最近の発生は11月19日

 ヤギ、羊、牛、ラクダ等約670万頭にワクチン接種を実施

 韓国 
 2010年:1~6月(北部・中部):20例(9月27日に一旦清浄国に復帰)

 11月に再発し、発生が ほぼ全土に拡大しました。
 12月以降、全土でワクチン接種が実施されましたが、現在でも少数の発生が確認されています。

 11月以降:3,447農場 殺処分の対象:約6,200農場348万頭

 韓国の口蹄疫に関する情報(農林水産省ホームページ)(外部サイト)

 ○香港

 2010年:3例

 ○台湾 西部

 2009年:8例 2010年:4例  2011年:2例

口蹄疫に関する畜産情報  ↑ページトップへ 

No. 発行日 内 容
139 H23.3.22

(PDF形式63KB)

平成23年度の24ヵ月齢以上の死亡牛BSE検査について

韓国の口蹄疫の発生状況

138 H23.2.8

(PDF形式272KB)

韓国で口蹄疫の発生が続いています!

133 H23.1.6

(PDF形式56KB)

韓国で感染拡大!口蹄疫対策を徹底して下さい

130 H22.12.1

(PDF形式190KB)

養豚農家の皆様

  • 海外で高病原性のPRRS(豚繁殖・呼吸障害症候群、ヘコヘコ病)が発生しています!

  • 口蹄疫対策を徹底して下さい!海外で発生中

129 H22.12.1

(PDF形式156KB)

牛・山羊・羊農家の皆様

口蹄疫対策を徹底して下さい!海外で発生中

124 H22.8.27

(PDF形式49KB)
宮崎県が終息宣言!

口蹄疫研修会を開催します

123 H22.7.28

(PDF形式419KB)
全ての移動制限が解除

120 H22.7.7

(PDF形式33KB)
再び口蹄疫疑似患畜が確認されました

家畜の暑熱対策。畜舎環境と飼養管理の両面から!

118 H22.6.10

(PDF形式23KB)
都城市で口蹄疫を確認

117 H22.6.7

(PDF形式28KB)
まだまだ予断を許さない口蹄疫

口蹄疫対策特別措置法の概要

116 H22.5.19

(PDF形式794KB)
宮崎県は口蹄疫非常事態宣言を出しました!

農場への侵入防止対策を徹底して下さい!

115 H22.5.10

(PDF形式794KB)
宮崎県で口蹄疫が続発しています!

農場への侵入防止対策を徹底して下さい!

114 H22.4.28

(PDF形式74KB)
宮崎県で口蹄疫が続発しています!

農場への侵入防止対策を徹底して下さい!

113 H22.4.21 (PDF形式197KB)
宮崎県で口蹄疫疑似患畜を確認!
111 H22.4.12 (PDF形式229KB)
韓国で、4月9日に口蹄疫(O型)の発生が確認されました
108 H22.1.20 (PDF形式165KB)
韓国口蹄疫情報その2口蹄疫が続発
107 H22.1.8 (PDF形式188KB)
韓国で口蹄疫発生!
侵入防止対策の徹底をお願いします!
94 H21.2.23 (PDF形式215KB)
「中国・台湾で口蹄疫発生!侵入防止対策を!」

 

関連するページへのリンク ↑ページトップへ

農林水産省 口蹄疫に関する情報(外部サイト)

農研機構 動物衛生研究所(外部サイト) 口蹄疫 - Foot-and-mouthdisease(FMD)(外部サイト)

OIE(国際獣疫事務局)

Summary of Immediate notifications and Follow-ups Foot and mouth disease(外部サイト)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政部園芸畜産課

電話番号:026-235-7227

ファックス:026-235-7481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?