ここから本文です。

更新日:2016年12月7日

栽培きのこ(菌床)のスクリーニング調査の結果

スクリーニング調査の結果

これまで検査を実施した全ての検体から放射性物質は検出されておりません。

(平成28年度実施分12月7日現在345検体)

(平成27年度実施分526検体)

(平成26年度実施分629検体)

(平成25年度実施分898検体)

(平成24年度実施分940検体)

(平成23年度実施分473検体)

測定下限値以下の場合は「不検出」としております。測定下限値は25Bq/kgです。

 

検査日別の結果は以下のとおりです。

平成25年8月20日以前の結果はPDF形式です。

検査日
12月

6日

11月

1日 8日 15日 22日 29日

10月

4日 12日 18日 25日

9月

6日 13日 27日

8月

2日 9日 23日 30日

7月

5日 20日 26日

6月

7日 14日 21日 28日

5月

10日 17日 24日

4月

12日 19日 26日

3月

1日 8日 15日 23日 29日

2月

2日 9日 16日 23日

H28

1月

13日 19日 26日

12月

1日 8日 15日 22日

11月

3日 4日 10日 17日 25日

10月

6日 14日 15日 20日 27日

9月

1日 8日 15日 29日

8月

4日 18日 25日

7月

7日 14日 22日 28日

6月

2日 9日 16日 23日 30日

5月

12日 19日 26日

4月

14日 21日 28日

3月

3日 10日 11日 17日 24日 31日

2月

3日 10日 17日 24日

H27

1月

6日 14日 20日 27日 28日

12月

2日 9日 16日 23日

11月

5日 11日 18日 26日

10月

7日 15日 21日 28日

9月

2日 10日 17日 23日 24日 30日

8月

5日 19日 26日

7月

1日 8日 15日 23日 29日

6月

3日 10日 17日 24日

5月

8日 13日 20日 27日 

4月

2日 8日 10日 15日 16日 22日 30日 

3月

4日 11日 19日(1) 19日(2) 26日(1) 26日(2)

2月

5日(1) 5日(2) 11日 12日 18日 19日 21日 22日 26日(1) 26日(2)

H26

1月

7日 8日 14日 15日(1) 15日(2) 22日 29日(1) 29日(2)

12月

3日 10日 18日 25日(1) 25日(2)

11月

7日 8日 13日 20日 26日(1) 26日(2) 26日(3)

10月

2日 9日(1) 9日(2) 15日 17日 22日 29日(1) 29日(2) 30日

9月 4日 10日(1) 10日(2) 11日 18日(1) 18日(2) 19日 25日(1) 25日(2) 26日
8月

 6日 20日 27日

7月

 2日 9日 16日 17日 23日 30日 

6月

5日 11日 18日 19日 26日

5月

1日 9日 15日 21日(1) 21日(2) 28日

4月 3日 10日 17日 24日 30日
3月 5日 6日 12日 13日 19日 26日 27日
2月 5日 6日 13日 14日 19日 20日 26日 27日
H25 1月 8日 9日 17日(1) 17日(2) 22日 23日 29日 30日
12月 5日 6日 10日 12日 17日 19日 25日 26日
11月 7日(1) 7日(214日 15日 21日 23日 28日 30日
10月 2日 3日 4日 10日 11日 16日 17日 24日 25日 30日 31日
9月 5日(1)  5日(2)  6日 11日 12日 19日 20日 26日(1) 26日(2)
8月 1日 8日  22日(1) 22日(229日 30日
7月 5日 11日 12日 18日(1) 18日(2) 24日 25日
6月 6日 7日 13日 21日 27日 29日
5月 17日 18日 23日 25日 30日(1) 30日(2
3月 1日  2日  6日  7日  8日  9日 13日 14日 15日

2月

1日 2日 3日 8日 9日 14日 15日 16日 17日 21日 22日 23日 24日 28日 29日

H24 1月

16日 17日 18日 19日 20日 24日 25日 26日 31日

栽培きのこスクリーニング調査の概要

 

1.目的

栽培きのこ(菌床)生産は、農地で栽培する農産物と栽培形態が異なり、国産・輸入資材を培地原料として調整し施設内で生産されることから農家ごとに培地原料が異なる場合も生じます。

こうした現状から、生産者単位に放射性セシウムのスクリーニング検査を実施し、本県きのこの安全確保を図ります。

 

2.調査(検査)内容等

(1)対象当面県内で生産されるえのきたけ、ぶなしめじ、エリンギ等

 

(2)検査内容:簡易測定機器を使用した

(検査機器:NaI(TI)シンチレーションスペクトロメータ)

検査場所:松本家畜保健衛生所

検査結果により、長野県環境保全研究所において精密検査を実施します。

 

(3)検査結果:県のホームページで公表するとともに、検査結果を検体提供者に伝達します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政部園芸畜産課

電話番号:026-235-7228

ファックス:026-235-7481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?