ここから本文です。

更新日:2017年4月12日

長野県立大学の開学準備を着実に進めます

県立大学設立担当部長 玉井 裕司                                    

       

 部長セレクト平成30年4月の開学を目標に、長野県立大学(仮称)の開設準備を進めています。
  長野県立大学(仮称)は、県内高校生の進学の選択肢を拡大すること、県内経済の発展と地域社会の未来を担う自立した人材を育成すること、県政推進と地域活性化のための「知の拠点」となること、の3つを主な目的として設置するものです。
   大学の特色をいくつか紹介しますと、1年生は原則として全員「寮」に入っていただき、社会性や自立心の向上を目指します。また、1年次から集中的に英語力を鍛え、全学生に海外プログラムに参加していただく予定です。このほか授業では積極的にディスカッションをとり入れるほか、地域の課題の解決を発見し、県民と共に考え行動するなどしてイノベーションを創出できる人材の育成を目指します。
  平成30年4月の開学に向けて、安藤国威理事長予定者(ソニー生命保険株式会社顧問)、金田一真澄学長予定者(慶應義塾大学名誉教授)を中心に、三輪キャンパス、後町キャンパスの施設整備とともに、広報や入学試験等を着実に実施してまいります。
  新しい県立大学が県内他大学とともに、長野県に貢献できるよう取り組んでまいりますので、よろしくお願いいたします。 

 (注)大学の概要の詳細や大学説明会などについては、長野県立大学専用プレサイト(外部サイト)でご覧いただけます。
 

お問い合わせ

総務部県立大学設立準備課

電話番号:026-217-2241

ファックス:026-235-0026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?