ホーム > 暮らし・環境 > 消防・防災 > 災害情報 > 9月27日御嶽山噴火に関する情報

ここから本文です。

更新日:2016年9月20日

平成26年9月27日御嶽山噴火に関する情報

御嶽山噴火災害犠牲者追悼式 知事追悼の辞【平成27年9月27日(日曜日)】

 本日ここに、多数の御遺族並びに御来賓各位の御列席を得て、御嶽山噴火災害犠牲者追悼式が執り行われるに当たり、長野県を代表して、謹んで追悼の言葉を申し上げます。

 昨年9月27日の御嶽山の噴火から1年が過ぎようとしています。
 この噴火災害では、58名もの貴い命が失われ、今なお5名の方々の行方がわかっておりません。

 お亡くなりになられた方々の無念を思うと、紡ぐ言葉も見つかりません。亡くなられた方々の御霊に対し、ここに謹んで哀悼の意を表し、御冥福をお祈り申し上げます。また、最愛の御家族、御親戚、或いは御友人を亡くされた御遺族の皆様が深い悲しみの中にありますことに対し、謹んで心からお悔やみを申し上げます。
 さらには、噴石などで負傷された方々など被災されました全ての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

 長野県では、昨年の噴火直後から、内閣府を始め国の関係省庁の全面的な御支援のもと、警察、消防、自衛隊など延べ15,000人を超える人員により、被災された方々の救助・捜索に全力で取り組みました。また、この夏には、自衛隊、気象庁等の後方支援を得て、県警、県内消防を中心に延べ5,000人の体制で、行方不明となっている方々の捜索活動を実施しました。残念ながら全員の発見につなげることは出来ませんでしたが、今後とも、ヘリコプターによる目視確認等を行ってまいります。

 私たちは、犠牲になられた方々の無念の思い、御遺族の悲しみをしっかりと心に刻み、この噴火災害から得られた教訓をこれからの火山対策に活かしていかなければなりません。

 長野県では、噴火時における登山者の安全を確保するため、山小屋等への登山者用ヘルメットの配備や、注意喚起の案内表示板の設置をすすめるとともに、市町村のシェルター設置に対する補助制度を創設いたしました。また、災害時に登山者の把握を迅速に行うことができるよう、登山計画書の届出の義務化等を盛り込んだ登山の安全対策を推進するための条例の検討も進めております。

 御嶽山につきましては、火山防災協議会において、先月、ハザードマップが作成され、併せて、入山規制の緩和に伴う避難ルートと安全確保対策が決定されたところであります。本年3月には、御嶽山研究連絡会議として、山の状況把握や観測体制の強化を図るため、火山専門家の皆様や気象庁と県、町村が火山防災について意見交換を行う場も設置いたしました。

 今後も、火山防災施設や情報伝達施設の整備、避難計画の策定や避難訓練の実施、防災面での人材育成などをすすめ、国や市町村をはじめとする関係機関と十分に連携して、火山防災対策に万全を期していく決意です。
 再び多くの人々に愛される安全な御嶽山となるように、二度と火山噴火の犠牲となられる方がないように、全力を傾注してまいります。 

 結びに、犠牲になられた方々の御霊が永遠に安らかでありますようお祈り申し上げますとともに、御遺族の皆様方の御平安と御健勝を心から祈念申し上げ、追悼の辞といたします。

 

平成27年9月27日
長野県知事 阿 部 守 一

再捜索の実施状況

8月6日(木曜日)

8月5日(水曜日)

8月4日(火曜日)

8月3日(月曜日)

8月2日(日曜日)

知事が捜索隊員に対し、激励を行い、ゼリー飲料の差し入れを行いました。

知事激励写真(JPG:176KB)

8月1日(土曜日)

7月31日(金曜日)
7月30日(木曜日)

天候不良のため活動中止

7月29日(水曜日)

 

行方不明者の再捜索開始について【平成27年7月29日(水曜日)】

御嶽山噴火災害による行方不明者の再捜索を開始しました。開始にあたり知事が、捜索隊員に対し、激励を行いました。

【報道発表資料】

知事激励写真(JPG:920KB)

 

行方不明者の再捜索に係る自衛隊への災害派遣要請について

御嶽山噴火災害による行方不明者の再捜索は、県警及び県内消防で行うこととしていますが、火口周辺は噴火警戒レベル2の危険な状況であるとともに、3,000m超の高山における活動は大きな身体的負担及び危険を伴うものであることから、本日、陸上自衛隊第12旅団赤松雅文旅団長に捜索隊員の二次災害を防止するため、人員及びシェルター等の輸送について正式に災害派遣要請を行いました。

赤松旅団長からは要請を受理するとのご回答をいただき、大変ありがたく思っています。

自衛隊の災害派遣による後方支援が得られることになりましたので、捜索の一層の安全確保を図り、全力で捜索に当たってまいります。

平成27年7月3日

長野県御嶽山噴火災害対策本部長(長野県知事)阿部守一

御嶽山噴火警戒レベルの引下げについての知事メッセージ【平成27年6月26日(金曜日)】

御嶽山の噴火から早くも9ケ月が経過しようとしています。改めて、犠牲となられた方々、負傷された方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

本日、「御嶽山火山防災協議会合同幹事会」で、登山者等の安全対策が検討されたこと、15日に開催された火山噴火予知連絡会で『噴石の影響範囲は「火口周辺」』と評価が変更されたことを踏まえ、気象庁では、御嶽山の噴火警報を発表し、噴火警戒レベルを3から2(火口からおおむね1kmで大きな噴石に警戒)に引き下げました。

県としては、地元自治体や関係者と連携して、新たな警戒レベルに合わせた登山者等の安全対策を進めるとともに、観光振興も含めた木曽地域の復興に全力で取り組んでまいります。

平成27年6月26日

長野県御嶽山噴火災害対策本部長(長野県知事)阿部守一

本日実施した御嶽山合同調査隊の調査概況について【平成27年6月10日(水曜日)】

6月10日(水曜日)に天候、火山活動の状況、県警ヘリ映像の総合的な判断により合同調査隊による現地調査を実施

しました。

警察、消防、気象庁、学識経験者、県、山小屋関係者、町村により早朝より大滝口、黒沢口の2班編成で登山道、

積雪、降灰、山小屋損傷等の状況を確認しました。

調査結果

1)登山道の状況

頂上に近づくにつれ残雪、降灰があったが、登山に支障があるほどではありませんでした。

2)頂上付近の降灰、雪の状況

最大70cm確認され、ところにより泥濘化している部分もありました。また、頂上に近づくにつれ、ところどころ

雪渓が残っており、目測で最大1m程度の厚さがありました。

3)火山性ガス

硫化水素最大3ppmを検知したが、防毒マスクを使用するほどではありませんでした。

4)山小屋の状況

御嶽頂上山荘は噴石により屋根に穴が開いている影響で、内部に雪が入っており詳細な確認はできませんで

した。

 

今後の予定

  • 本日の調査結果の整理、分析、評価を行い先遣隊派遣につなげていきます。

【参考】

  • 合同調査隊参加人数

王滝口班22名、黒沢口班17名、岐阜県12名合計51名

  • 調査実施行程

4:10長野地方気象台からの気象状況の聴取

4:30気象庁から火山活動の状況の聴取

4:38県警ヘリテレ映像による空からの状況確認

5:05王滝口入山決定

5時06分黒沢口入山決定

5:09王滝口より入山開始

5時10分黒沢口より入山開始

9:22王滝口班剣ヶ峰山荘着

9:30黒沢口班剣ヶ峰山荘着王滝口班と合流

12:30調査終了、下山開始

14:32黒沢口班下山

14:50大滝口班下山

【報道発表資料】

現地状況写真(PDF:2,393KB)

 

 

御嶽山噴火災害行方不明者の再捜索について【平成27年6月4日(木曜日)】

昨年9月27日に御嶽山が噴火してから10月16日までの間、延べ15,000人体制で三期にわたる救助・捜索活動を実施しました。

しかし、いまだ6名の行方不明者がいることから、捜索終了後も同行者、目撃者等からの情報をもとに行方不明者の足取りを継続して検討を行ってきました。

御家族の皆様の思いや地元の皆様の意見を踏まえて、6月4日の災害対策本部員会議にて再捜索を実施することを決定しました。

  • 基本方針
    (1)捜索等にあたっては、捜索する隊員の安全確保を大前提にする。
    (2)県警と県内消防を中心に捜索を行う。
    (3)御家族の思いにできる限り寄り添った対応を行う。
【報道発表資料】
  1. 御嶽山噴火災害行方不明者の再捜索について(PDF:100KB)
  2. 御嶽山合同調査隊の派遣について(PDF:119KB)
  3. 雪解けの対比写真(県警提供)(PDF:148KB)

 

御嶽山噴石影響範囲の縮小についての知事メッセージ

気象庁は、1月19日に開催された火山噴火予知連絡会の拡大幹事会において、「御嶽山の火山活動が低下傾向にある」との評価や、御嶽山火山防災協議会幹事会で地域の防災対策が確認されたこと等を踏まえ、本日、噴石による影響範囲を噴火直後の4kmから3kmに変更しました。

今後、木曽町長、王滝村長の判断により、必要な措置を講じた上で、警戒区域を変更することとなります。

これまでの間、県は、岐阜県、木曽町、王滝村など関係自治体や関係者と「御嶽山火山防災協議会」を設立し、入山規制の緩和を念頭におきつつ、登山客、観光客等の安全確保、避難計画の策定等の活動方針を定め、スキー場の安全対策や登山道の安全対策の検討を行ってきました。

スキー場の安全対策としては、オープンしている開田高原マイアースキー場では、

  • 火山活動の情報を確実に伝達できる情報連絡網を整備し、気象庁から木曽町、王滝村を経由してスキー場に伝達。スキー場は放送設備を使用し、サイレンや場内案内によりスキー客に周知の実施。
  • スキー場係員により、リフトの乗車停止、乗車客の安全降車、滑走客の避難誘導等の安全対策の実施。
  • スキー客の避難場所の指定。
  • ヘルメット、毛布の配備。
  • スキー場内各所に入山規制を周知する看板、ポスターの設置。
  • 避難誘導訓練の実施。

などを実施しております。

また、登山道の安全対策では、

  • 木曽町長、王滝村長が、警戒区域を変更した場合の入山規制箇所及び登山客等へホームページ等を活用した周知方法の確認。
  • 木曽町長、王滝村長が、(株)NTTト゛コモ、KDDI(株)、ソフトハ゛ンクモハ゛イル(株)と利用契約を締結し、御嶽山の状況変化に応じた避難情報について、町村が緊急速報メールを活用した登山者への情報提供の確認。

などを行ってきたところです。

さらに、御嶽山の安全対策を踏まえて、木曽地域の一刻も早い復旧・復興を成し遂げるため、「御嶽山噴火災害を踏まえた対応方針」を定め支援を行ってまいりました。

今回の影響範囲の変更により、「おんたけ2240」スキー場が影響範囲から外れ、営業再開が可能となります。

このため、既に実施してある緊急連絡体制の強化に加え、開田高原マイアースキー場と同様の施策を講ずるとともに、今後復興基金を活用して安全のための設備を整備し、避難訓練も実施する予定です。

また、地域の復興に向けた一歩となることを期待し、オープンすることのPR、オープニングセレモニー、春スキーのPR等の支援を行ってまいります。

今後も、地元自治体や関係者と連携を図り、噴石による影響範囲の変更を踏まえ、御嶽山の安全対策や木曽地域の振興が着実かつ速やかに進むように施策を講じてまいります。

平成27年1月19日

長野県御嶽山噴火災害対策本部長(長野県知事)阿部守一

 

捜索活動終了についての知事メッセージ

9月27日に発生した御嶽山噴火災害でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上ますとともに、ご遺族の皆さまに謹んでお悔やみを申し上げます。また、被災された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

県としては、噴火直後から御嶽山噴火災害対策本部を設置し、人命救助を最優先に登山者の捜索救助に警察、消防、自衛隊の全国からの応援を得ながら、延べ15,000人を超える人員で全力で取り組んできたところです。

捜索救助活動は、まずは第一期として、登山客の皆さまが多くいたであろうと推測された登山道や山小屋から主として目視により実施しました。

10月7日からの第二期捜索救助活動では、目撃情報などから行方不明者の方がいた可能性の高い山頂地域を面的に金属探知機や探査棒等も使用しながら捜索を行いました。

さらに15日と16日は、第三期捜索救助活動として、山頂地域の捜索とともに登山道を含めた全山的な捜索を徹底的に行いました。

災害対策本部としては、火山活動が続き、有毒ガスが発生し、また、火山灰が降り積もっている過酷な状況の中で、捜索できる範囲は全て数度にわたり捜索を行いました。

過酷な状況が続いている上、御嶽山が冬の山へと変化し、10月15日には初めての降雪が観測されるなど厳しさを増していく中で、これ以上の捜索救助活動を続けることは、降雪や凍結のため従事する隊員の安全が確保できず、また捜索救助活動そのものが困難な状況となっています。

こうした状況の中、いまだご家族の元にお帰りいただけない行方不明者がおられ、ご家族の皆さまのお気持ちをお察しすると誠に断腸の思いではありますが、大規模で全面的な捜索救助活動は本日をもって終了することといたしました。

全国的にご支援をいただいた政府対策本部をはじめ全ての関係機関の皆さま及び、本日まで、過酷な状況下で長期にわたり捜索救助活動をいただいた、警察、消防、自衛隊の皆さまに心から御礼を申し上げます。

なお、今後については、入山が可能となり捜索ができるとなった段階で、地元の警察や消防等による捜索を検討させていただきます。

平成26年10月16日

長野県御嶽山噴火災害対策本部長(長野県知事)阿部守一

噴火災害に対する知事の発言等
噴火災害に対する国への要請等

【注目情報】

県民、滞在者の皆さまへのお願い・お知らせ

支援情報

県の対応・県内被害情報など

県民、滞在者の皆さまへのお願い・お知らせ

行方不明者の捜索に全力で当たっています

自衛隊、警察、消防による捜索救助活動の状況は、

をご覧ください。

御嶽山噴火災害の発生による行方不明者数について

5(平成27年8月6日(木曜日)13時00分現在)

※行方不明者数は、お問い合わせの情報等を基に集計したものであり、今後も変動することがあります。 

連絡が取れない御嶽山登山者の情報をお寄せください!

県警では連絡が取れない御嶽山登山者について情報収集をしています。収集している情報は、
(1)27日に登山していた方に関する情報
(2)登山していた方で、無事が確認された方の情報

です。
情報は、フリーダイヤルで長野県木曽警察署0120-007-285、長野県警察本部0120-008-046へお寄せください。
(※フリーダイヤルは平成26年12月31日で終了とさせていただきます。)

詳しくは、

をご覧ください。


ご注意ください!

御嶽山には絶対近づかないでください!

火口から概ね1キロメートル程度の範囲では大きな噴石の飛散への警戒が必要です。小さな噴石が遠くまで飛ばされることもあります。危険ですから山に近づくことは絶対に避けてください

  御嶽山の安全対策情報

降雨時の土砂災害にご注意ください

火山灰の流出に伴う土砂災害に備えて、念のため河川や渓流の近くにお住まいの方は注意をお願いします。特に台風19号の情報についてご注意ください。

 

噴火に伴う大気汚染の状況

噴火に伴う大気汚染物質(二酸化硫黄、浮遊粒子状物質)の測定値は噴火前後で大きな変化はなく。直ちに健康影響はないものと考えられます。

 

火山灰の降灰による健康への影響

火山灰の降灰が予想されています。火山灰が健康被害を起こすことは少ないですが、念のため降灰が予想される地域の方は不要な外出を避け、外出時はマスクやゴーグル・メガネを着用するなどの対応をお願いします。 

周辺住民の皆さまへ

土砂災害への注意について

火山灰の流出に伴う土砂災害に備えて、念のため河川や渓流の近くにお住まいの方は注意をお願いします。特に台風19号の情報についてご注意ください。

降雨による県管理道路の通行規制について

二次災害防止のため、大雨警報が発令されましたら県道の事前通行規制を実施します。

詳しくは

をご覧ください。

大気汚染について

噴火に伴う大気汚染は基準値以下であり、直ちに健康影響はないものと考えられます。

河川の水質測定結果について

御嶽山周辺河川の水質測定結果についてお知らせします。

火山灰の降灰による影響について

火山灰の降灰が予想されています。念のため降灰が予想される地域の方は不要な外出を避け、外出時はマスクやゴーグル・メガネを着用するなどの対応をお願いします。

観光客の皆さまへ/長野県内へのアクセス状況

この噴火によるJR中央西線、国道19号、中央自動車道の運行・通行に影響はありません。

 支援情報

 県民の皆さまへ

御嶽山噴火に伴う影響を受けた方々に対する職業紹介事業を10月31日から開始します。

詳しくは

をご覧ください。

被災した登山者及びご家族の皆さまへ

御嶽山噴火による被災体験に伴う心の不調についてのご相談に応じています。

詳しくは

をご覧ください。

農業者の皆さまへ

農作物に積もった灰は、軽度の場合は生育に影響はありませんが、降灰量が多い場合はできるだけ速やかに除去するなどの対応をお願いします。

また、今後の風向きの変化によっては降灰がある場合がありますので、収穫期の野菜等は、被覆資材をかけるなどの準備をお願いします。

詳しくは、

をご覧ください。

 中小企業者の皆さまへ

相談窓口について

御嶽山の噴火により影響を受けた中小企業者の皆さまへの資金繰りその他経営に関する相談を県庁(産業立地・経営支援課)と地方事務所(商工観光(建築)課)でお受けしています

受付時間午前8時30分から午後5時15分まで

受付方法電話又は面談により行っております。

県庁、地方事務所のお問い合わせ先など、詳しくは

をご覧ください。

県中小企業融資制度「経営健全化支援資金」について

御嶽山噴火による影響を受けた中小企業者の皆さまを県中小企業融資制度「経営健全化支援資金」で支援します。

詳しくは、

をご覧ください。

これまでの県の噴火災害の対応について

本部設置について

9月27日(土曜日)14時10分

「御嶽山噴火災害対策本部」(本部長:阿部知事)設置

9月28日(日曜日)22時00分

内閣府で長野県庁内に「非常災害現地対策本部」(本部長:松本内閣府大臣政務官)設置

災害救助法の適用について

政府調査団への要望

政府調査団(団長:西村内閣府副大臣)に対し、次の3点を要請しました。要請書(PDF:133KB)

  • 人命救助への対応
  • 火山活動の監視強化等
  • 二次災害防止への対応

県内の被害状況等

これまでの掲載情報

御嶽山噴火による県内の被害状況等(8月1日9時30分現在)(PDF:154KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月23日13時00分現在)(PDF:141KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月16日19時30分現在)(PDF:94KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月16日17時00分現在)(PDF:96KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月16日08時30分現在)(PDF:97KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月15日19時00分現在)(PDF:97KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月15日10時00分現在)(PDF:97KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月14日18時00分現在)(PDF:95KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月13日9時00分現在)(PDF:169KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月12日18時00分現在)(PDF:179KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月12日08時00分現在)(PDF:173KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月11日18時45分現在)(PDF:152KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月11日17時00分現在)(PDF:87KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月11日9時00分現在)(PDF:87KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月10日18時15分現在)(PDF:86KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月10日16時00分現在)(PDF:129KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月10日08時00分現在)(PDF:128KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月9日09時30分現在)(PDF:85KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月8日20時30分現在)(PDF:128KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月8日17時00分現在)(PDF:85KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月8日13時30分現在)(PDF:85KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月8日11時00分現在)(PDF:84KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月8日8時30分現在)(PDF:85KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月7日20時00分現在)(PDF:85KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月7日17時30分現在)(PDF:127KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月7日16時00分現在)(PDF:126KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月7日14時00分現在)(PDF:126KB)

 

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月7日13時00分現在)(PDF:126KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月7日11時00分現在)(PDF:126KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月7日09時00分現在)(PDF:126KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月6日17時00分現在)(PDF:85KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月6日08時00分現在)(PDF:127KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月5日13時00分現在)(PDF:127KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月5日09時00分現在)(PDF:83KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月4日16時00分現在)(PDF:128KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月4日09時00分現在)(PDF:141KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月3日16時00分現在)(PDF:84KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月3日9時00分現在)(PDF:80KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月2日17時00分現在)(PDF:131KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月2日8時00分現在)(PDF:116KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月1日21時00分現在)(PDF:80KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月1日17時00分現在)(PDF:75KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月1日12時00分現在)(PDF:77KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(10月1日08時00分現在)(PDF:150KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(9月30日17時30分現在)(PDF:122KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(9月30日08時00分現在)(PDF:81KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(9月29日16時30分現在)(PDF:121KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(9月29日08時00分現在)(PDF:108KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(9月28日22時10分現在)(PDF:99KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(9月28日14時00分現在)(PDF:95KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(9月28日11時00分現在)(PDF:62KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(9月28日07時00分現在)(PDF:91KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(9月27日20時00分現在)(PDF:72KB)

御嶽山噴火による県内の被害状況等(9月27日16時30分現在)(PDF:56KB)

 

災害情報のページへのリンク


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理部危機管理防災課

電話番号:026-235-7184

ファックス:026-233-4332

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?