ホーム > 暮らし・環境 > 公共交通 > 空港 > 信州まつもと空港 定期便の役割

ここから本文です。

更新日:2014年9月8日

信州まつもと空港定期便の役割

「信州まつもと空港」における定期便の役割について

 「信州まつもと空港」の路線問題については、関係各位のご尽力によって平成22年6月1日から「松本-福岡線」、「松本-札幌線」が、「フジドリームエアラインズ(FDA)」によりジェット機で毎日運航されることとなり、定期便の存続が図られました。定期便があることにより、県民の皆様の共有財産である「信州まつもと空港」が、様々な役割を担うことができることから、ここで改めて、「まつもと空港」における定期便の役割についてまとめてみました。  

 信州は、上高地、美ヶ原、安曇野、国宝松本城、善光寺など、自然や歴史的な文化遺産を豊富に抱える観光県です。信州まつもと空港は、その信州の中心に位置し、遠隔地から信州観光の交通の拠点として、重要な役割を担っています。

県警や消防の拠点として県民を守っています

 信州まつもと空港は、県警や消防の航空隊基地となっており、県民の皆様の安全・安心を守る防災拠点としての役割を果たしています。定期便があることで、空港の給油施設などの規模が保たれ、防災拠点が効率的に維持できています。長野県警察航空隊・消防防災航空隊の活躍の様子についてはこちらのホームページをご覧ください。

長野県警察航空隊長野県消防防災航空センター

航空管制運航情報官が空の安全を担っています

 信州まつもと空港には、平成25年度の場合、定期便が約1,400回離発着したほか、小型機やヘリコプター等も年間6,000回以上離発着しており、本州の中央にある空港として親しまれています。定期便はもとより小型航空機等の運航と離発着は、空港に国の航空保安要員である航空管制運航情報官が常駐し、360度を見渡せる管制塔から最大限のアドバイスを行っていることで、効率的かつ安全に行われています。

国際チャーター便が運航できるのも定期便があるからです

 信州まつもと空港では、平成25年度までに128便の国際チャーター便が運航されており、長野県から海外への窓口としての役割が定着しています。まつもと空港で国際チャーター便が運航できるのは、定期便を運航する航空会社の地上支援機材や職員の皆さんが常駐しているからです。定期便がなくなれば、チャーター便を運航するために他の空港から機材や職員を派遣してもらわなければならなくなり、旅行代金はたいへん割高になってしまいます。

空港による経済波及効果は年間約55億円と見込まれています

 松本市が平成21年11月に実施した試算によりますと、信州まつもと空港が地域経済に与える経済波及効果は、年間約55億円にのぼるものと推計されています。この他、空港利用者の時間節約、ビジネスチャンスの拡大、今後のインバウンド拡大に向けた地域の観光関連投資の誘発効果などを勘案すると、この効果はさらに大きいものとみられています。

救急患者の搬送など人道的役割を果たしています

 信州まつもと空港では、救急患者の搬送や臓器移植のための緊急搬送などに対しても、迅速に対応しています。尊い生命を守るため、一刻の猶予も許されない状況において、長距離の搬送を、より短時間で可能にする航空機を利用する際に、信州まつもと空港は、欠くことのできない役割を果たしています。平成22年度から平成25年度の過去3年間においては、5件の患者搬送のための国際チャーター便が運航されています。

▲信州まつもと空港のTOPに戻る

お問い合わせ

企画振興部交通政策課松本空港利活用・国際化推進室

電話番号:026-235-7015

ファックス:026-235-7396

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?